2013年09月23日

 ボカロ新曲なのでっしゃう

4作目。ということで、作りました。
レポートから逃げた結果、一晩で生まれたこです。
レポートはこれから泣きながらやります。

ペンギンペンギンペンギンペンギンペンギンペンギンペンギンペンギンペンギンペンギンペンギンペンギンペンギンペンギンペンギンペンギンペンギンペンギンペンギンペンギンペンギンペンギンペンギンペンギンペンギンペンギンペンギンペンギンペンギンペンギンペンギンペンギンペンギンペンギンペンギンペンギン
(ry


歌詞は追記
posted by モカ at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 適当日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月15日

 ダークファンタジーなサウンドノベルに楽曲協力させていただきました。


永遠のメルディラージェ、フリー公開中
(バナークリックで特設ページに飛びまする!)

先日9月1日、即興でBGM制作のお手伝いをさせていただいたゲームの完全版が公開されました!
8月終わりから今まで忙しくしていて、今日ようやっと文章を書くまとまった時間ができたので、はりきって記事を書いております。
まずはPVの紹介をば!

メイン、後から流れるピアノともに書き下ろしの新曲であります。
相変わらずグラフィックが美しいです。どうやって描いてるんだろう、不思議。

永遠のメルディラージェに曲提供させていただいて、あとがきに加え、なんとサウンドモードを搭載していただいております!
全部で19曲・24アレンジです。うち、7曲が書き下ろしです。それ以外はサイトやブログで聴いたことがあるかもしれません。
曲作りの小話については、あとがきにて少しだけ触れていますので、ぜひ、お時間あるときにでもプレイしていただければと思います!

ときてっとさんの前作リズズベルの魔は、年齢・性別問わず親しめる作品だったのですが、今作は結構ディープなお話となっていますので、前作をプレイされた方は少し覚悟をして(笑)臨んでみてくださいの!
学園もの?ロボットもの?ジャンル分けが難しい、不思議なストーリー。
Extraストーリーも含めて、自分の生きる道は自分で決めていかなきゃいけないんだって、大切なことを思い出させてくれるような作品です。

P.S.
最後にちょこっとおまけで告知ですが、また1つゲーム企画に曲提供をさせていただいております。
まだサイトが立ちあがっていないということなので、また改めて紹介できれば、という次第です。
posted by モカ at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画手伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 学園祭に向けたあれこれ、と球体関節人形

学園祭の野外ステージは出演希望が多いので、バンドで音源をレコーディングして提出するという行事があるのです。
それで、今年もバタバタしつつ録音・ミックスしていました。
担当した音源のクロスフェードがこちら!


全てコピーバンドで、ミックス以外にキーボード演奏も兼ねてるのが、3曲目と最後の曲です。
両方とも無事に音源審査通過したので、来月初めにステージ審査があります。
一次通過が19/53バンドだったので、今年は倍率が高かったんだとか。

普段、ギターサウンドの曲を作ることってほとんどないので、ミックス作業が難しいながらすごく楽しかったし、勉強になりました。
3曲目がナノさんの「Now or Never」なのですが、この音源がサークル仲間からなかなか好評でした。
このバンドでは有形ランペイジやボカロ系統のコピーをやろうということになっております。
組ませていただいたメンバーが、皆大先輩なので、畏れ多くもすごく楽しみにしてます。しかし、有形ランペイジの鍵盤などわたしに務まるのだろうか……
DSC_0474.JPG練習、頑張ります。



P.S.
先日お迎えしたドールです!
名をブールドネージュと申します。
また写真とって記事書くから待っていてね、
わたしだけのキャストドール
posted by モカ at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 適当日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月03日

 モカノジャック

遅ればせながら、7/21(日)のライブまとめをば。
レポート書こうと思ってたのですがすでにあんまり記憶にないのでせう。

001a.pngQ.モカノジャックとは
A.
Piano&Synth:モカとCajon&Percussion:Sindowのアンビエント系アドリブユニット
モカの即興にパーカスでリズムをつっこんでもらうという暴挙をステージ上ではたらきます。

写真のことをすっかり忘れてたのですが、ないとちょっと寂しいので別のライブの際にとってもらったものを。ソロですみません。衣装も違いました。

そんなわけでセットリストとか。
1.海底遊歩
2.spritz(にわか雨)
3.本日のステージ曲
4.こんがりトーストの朝食から
5.人魚の歌

1、5曲目はゲーム「永遠のメルディラージェ」収録曲をその場アレンジでお届けしました。ちゃっかりゲームの宣伝もさせていただきました。
2曲目、次に別ライブで思いついたフレーズを用いて、ちょっとアップテンポな曲を!
3曲目はMC中に考えた曲。つまり全く打ち合わせなしで、タイトルもついてない。無茶な展開に走ったけれど、Sindowさんがリズム取り戻してくれましたありがとう(泣)
4曲目は鍵盤ユニット「moco」から1曲。大好きな曲です。

対バンはロックにメタルに、で、とっても盛り上がっておりました!
T☆ROCKSのステージはこれが4回目でしたが、今回もすごく楽しかったです。

DSC_0382.JPG去年の企画ライブと同じく、ハルトさんにモカノジャックのグッズを作ってもらったのですよ!
ディスプレイ中の美少女。Innocent Worldのワンピースを身に纏った眼鏡っ子です(笑)
いろいろ無茶を言って、鳥型のフレームに、mjの文字を仕込んでもらったグッズがこちら! → ブローチ
これ以外にもオリジナルのストラップやペンダントをもってきてくれました → ディスプレイ
ラムネはおまけ。

わたしは淡いグリーンのをいただいて、お守りとしてつけてライブを。
限定制作品なのですが、まだ5,6個残ってたかな、と思うので、手に入れたい方は次回ライブをお見逃しなく!ハルトさん本当にありがとう!

沢山の人たちのおかげでライブができるんだな、と改めて思いました。
相方Sindowさんにハルト嬢、対バンのBROWN JACKさん佃煮戦車さん、来てくれたお客さんそれに他バンドのお客さん、T☆ROCKからSTOSHIさんとPEGさん、皆々様ありがとうございました!
posted by モカ at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画手伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

 今週はいろいろあった

July 7th(Sun)
「環境」
曰く、もう少し七夕っぽい即興ができなかったのか

1373609420869.jpg
July 9th(Tue)
具館三隣亡〜硝子遊戯〜 にて。
グラスアイのペンダントをお迎えしました。
遅くなってしまって、片付け開始後からのお邪魔に。
本当、お騒がせしました!
ガラスペンを連れが気にいっておられた。

別れてから、深夜になって海まで行ってきました。
暑さもぬけて、潮風が心地よかったです。
身投げ(っていっても帰るつもりだったので冷静に全裸)した、のはここだけのお話。


July 10th(Wed)
午前中、無断欠席で、心配おかけした方いらっしゃったらすみませんでした。
美術館に行って、他の大学に潜入して、炎天下の公園を散策してって、やってました。
みんな日常の中で、わたしひとり、日常のふりしていつもと違う場所に紛れ込んで、っていうの、1人で出かけたかったのだよな
BOzslQ4CYAAhoNd.jpg
まあ、こんな感じ。
アリスの紛れ込んだ庭がこんな風だったらいいな
って、思っただけ



午後は友人と映画の約束をしてたので、見に行ってきました。
クライマックス手前の推理の場面の途中、犯人が分かった時点から泣きだす始末。
作品を見て泣くことって、あんまりないタイプなのですが。
その後にディナー、で、いろいろ話をして楽しかった!

夜中に酷い情緒不安定に襲われていました。
ごめんなさい 嫌わないで


July 11th(Thi)
ドールショップに寄って、ポストカードを見つけたのでお迎えしました。
おばさまにお手紙を出すため。話題になってる、星座の記念切手も入手しました。

風立ちぬの映画試写会に行ってまいりました!
先輩に当選した方がいらっしゃって、なんとなんと、一緒に行かせていただいてしまったという。
5000応募中80組160名の当選者っていう、恐ろしく低い確率で、なんだかすごく、申し訳なくも嬉しくも。
鈴木敏男さんのラジオ"ジブリ汗まみれ"の企画で、公開収録がありました。
ジブリのプロデューサーのお話が生で聞けるって、すごく貴重な体験ができました。

映画は、どこか掴みどころがない、主人公のお話でした。
ひたすら飛行機を作って、作って、生きて、婚約者を愛して、作って、生きて、生きて、生きて、みたいなお話。
激動の時代を淡々と生きていく人生、が、描かれていました。
ネタバレになっちゃうから、あまり言えないけど、そこには何もなくて、それで、っていう、簡単に言っていまうと、あんまりジブリらしくない作品。
きっと、監督が好きに作った作品。テレビでこの発言をして、宮崎さんに怒られたらしいですが、鈴木さん曰く、"遺言"の作品。


July 12th(Fri)
すぐそこの記憶を思い起こして、久しぶりに日記を書いた。なう。
今日はまた大好きな人に会います。
posted by モカ at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 適当日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

 廃墟C棟×ポートレート

回覧は自己責任にてお願いします。
スマホ画質ですが悪しからず。素敵に撮ってくれた友人に大感謝!

廃墟C棟にて
撮影:友人 被写体:わたし

→ポートレート
posted by モカ at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 廃墟写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

 パラレルワールドについて考えていた。

パラレルワールドの行方が気になります。
わたしが今と違う選択肢を選んだ場合の未来は、存在してるのか、について。
選ばれなかった時点で存在は許されなくなるのかな。
全選択肢分の平行世界が同時に存在していたとしたら、砂つぶの数よりはるかに多くなってしまうと思われるので、やっぱり消えちゃうのでしょうか。

ある選択をしたある人の今、ある選択をしたある人の今、が、重なって、今のこのひとつの世界ができている。
自分のこの世界と、他人の並行世界とで、重なる世界は一瞬のうちに変化している。
つまり、自分の世界にとってつじつまが合う選択をした他人の並行世界が、自分の世界の自分以外を形作ってるってこと。
自分も他人も、数えきれないほど存在してるんだけど、自分はひとりしかいないの。
とてもとても、不思議なことです。

選ばなかった未来のわたしが、ここのわたしより幸せであったらいいなっていうのは、都合がよすぎる考えでしょうか。
あ、逆で、選ばなかった未来のわたしは、もしかしたら今より不幸かもしれないね。
それならば、今まで選んできた選択肢は、平行世界の自分を幸せにするために選んだ、または、今のこの世界の自分を幸せにするために選んだ、選択肢ってこと。
だから、今までのわたしの選択は、すべて正しかったことになる。
そうやって、整然と、うまくできててもいいんじゃないかな、現実って。そんなもん。


本日の即興:中華風・ミニマル風・アンビエント風(自称)
記事の内容には全くもって関係がない。

posted by モカ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 即興演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする